閉じる

Hulu

これまで実験的な作品にも果敢に挑戦し、さまざまな役を演じてきた小栗だが、『代償』ではさらなる新境地を開拓。“精神の限界まで追い詰められた弱々しい男”の役に挑む!小栗が演じる弁護士・圭輔は少年時代、達也の底知れぬ悪意によって、家族や大切な人たちの命を次々と奪われ、自身もまた人格崩壊寸前に至るような“凄惨な環境”を強いられてきた。そんな壮絶な過去によって強迫性障害を患った上に、今度は達也の弁護を担当するはめに。弁護士として彼を救うのか、それとも…。圭輔は正義と悪の間で揺れに揺れ、ますます追い詰められていく。このかつてない役に、並々ならぬ意欲をたぎらせる小栗。自らの身と心を削りながら、役を追求する小栗の鬼気迫る姿勢が、圭輔と重なり合う時、あなたは“とんでもない表現”を目撃することになるだろう――。