閉じる

Hulu

寿人(淵上泰史)殺人未遂の容疑で警察に追われる圭輔(小栗旬)。スナック「たっちゃん」では達也(高橋努)と圭輔の義父・吉田肇(平田満)が、達也を説得しようとするが・・・。一方、圭輔の無罪を証明しようと動く真琴(高梨臨)の前に、圭輔が現れる。真琴に達也を断罪するための資料を渡し、自分にはまだやることがあると告げる。圭輔と達也が対峙するとき、戦慄が走る最悪の結末を迎える・・・。

慎次郎(石橋凌)が殺害され、すぐに犯人が逮捕されるが、圭輔(小栗旬)は達也(高橋努)が確実に慎次郎の死に関わっていると主張する。だが達也は悲しみに暮れる真琴(高梨臨)に寄り添い、真琴も圭輔と距離をおいてしまう。また、達也に騙されていたと気づいた紗弓(柳英里紗)から、門田(川瀬陽太)が何かを証拠に達也を脅していたと聞かされる。圭輔は寿人と紗弓と協力して達也の数々の罪をあばこうとするのだが、さらなる悲劇が待っていた・・・。

達也(高橋努)と紗弓(柳英里紗)の策略によって、偽証強要の疑いを掛けられてしまった圭輔(小栗旬)。紗弓に中学時代のレイプ事件の加害者としても名を挙げられた彼は報道陣に追われるようになり、事務所の退所を余儀なくされた。圭輔の部屋を訪れた寿人(淵上泰史)は一枚の謄本を圭輔に渡す。そこに書かれていた衝撃の事実とは・・・。一方、達也の魔の手は真琴(高梨臨)にまで迫っており、悲劇が訪れる・・・。

達也(高橋努)の指紋を付けた凶器を犯行の証拠にする企みが失敗し、圭輔(小栗旬)は動揺を隠せないでいた。そんな中、中学の同級生だったジャーナリストの諸田寿人(淵上泰史)から、弁護側から証人喚問する予定の佃紗弓(柳英里紗)が何度か道子(片岡礼子)の店に出入りしていると告げられる。達也と紗弓の関係に不安をぬぐえない圭輔だが、ついに達也の裁判がはじまる・・・。

真琴(高梨臨)を守るために達也(高橋努)の弁護を引き受けた圭輔(小栗旬)。無罪にするための材料を探すふりをしながら、達也の犯罪を確証する手立てがないかを思案する。しかし周りからの達也の評判はとても良く、皆口を揃えて彼の無罪を主張するという事態。焦った圭輔は思いもよらぬ行動にでる・・・。

敏腕弁護士として活躍している奥山圭輔(小栗旬)は、同僚の白石真琴(高梨臨)との交際も順調で平穏な日々を送っていた。ある日、彼に一通の手紙が届く。差出人は強盗殺人事件の容疑者・安藤達也(高橋努)の義母、道子(片岡礼子)だった。文面には達也の弁護を引き受けて欲しいとあり、圭輔は強烈な吐き気と共に凄惨な過去を蘇らせる。圭輔と達也のあいだにある過去の因縁とは・・・。